月別アーカイブ: 2018年1月

『はれのひ』社長が出てきましたね!

今年の成人式を震撼させた『はれのひ』事件…
ニュースで見ていて成人式に出れないと言っていた女の子達が可哀想でなりました。女の子にとっては一生に一度の『晴れの日』なのに。
私も成人式を迎えた時には『綺麗な着物を着れるんだ~』とドキドキしていたものです。それなのに、こんな風にドキドキしたり楽しみにしていた女の子達の夢を奪った、はれのひ社長の篠崎氏…
しかも成人式当日は雲隠れ…昨日の記者会見まで知人宅にいて『待機』していたというのだから笑わせます。まずは、お前が出てきて謝罪しろ!と思いました。

対策を練っていたと記者会見で釈明していますが会社として去年のうちからスタイリストや会場への支払いが出来ていなかったというのですから、もっと早く『対応できない』として、さっさとお客様に謝罪して預かっている着物を返品したり、返金すれば良かったのに…そうすれば女の子達も、きっと成人式までに他に対応出来たと思うのですよね…
それを自分の破産申し立てが終わってからの、この対応…。自分の都合がついたから出てきて対応しました感がプンプンです。

でも篠崎氏に残されている資産は300万程度だとか…これじゃあ被害に遭った女の子達には返金も出来なさそうなのは目に見えています。
今後は少しでも誠実な対応をしてあげてほしいですね。

同門の2人の笑顔が見られて嬉しいです

オリンピックが来月に開催されますが、直前の大会としてフィギュアスケートの四大陸選手権が台湾で開催されています。といっても時差や距離の関係で、アメリカやカナダのオリンピック出場選手たちはこの大会には出場していません。日本は近いこともあり、オリンピックに派遣されている選手も出場しています。

まずは女子ショートプログラムが行われ、日本人3選手が1~3位という結果で終えています。2位の坂本花織選手は現地での公式練習で右足の魚の目が悪化していることで上手く調整が出来ず心配されていましたが、コーチがテーピングを巻いてくれたり靴の中にクッションを敷くなど工夫してくれたおかげで痛みを感じずに試合に臨むことができたそうです。

3位の三原舞依選手は惜しくもオリンピック出場は逃し、この大会が最後の大会となりそうです。今シーズン苦戦していたショートプログラムを見事ノーミスで滑り切り、最後はガッツポーズする姿も見られました。坂本選手と同じリンク・コーチで練習している同門の2人の笑顔が見られて応援している私としてはとても嬉しい事です。2人が切磋琢磨し、お互いに刺激を与え合いながら成績を伸ばしてきたのではないかと思います。どちらかが欠けていてもこの2人の成長はなかったように思います。出来るだけ長く2人の演技が見たいと願っています。

鞄は手作りのものでこだわりのあるものを使おう

学校に通う学生さんでも、会社員の方でも鞄は日常生活に必要不可欠なアイテムですよね。
そしてりっぱなものでなくても、主婦でも今はエコバックを毎日持ち歩いている人は多いでしょう。特に質のいい素材のものや、革鞄は使い込めば使い込むほどいい味が出てきて、手放せなくなりますよね。仕事用でも、プライベート用でも、いざというときの勝負用としてお気に入りの愛用革鞄をひとつは持っていたいですよね。

そこでおすすめなのは革鞄を手作りしているお店です。革の裁断から、縫製、完成までをひとりの職人さんが手掛けているというところもあるので、こだわりのある1点を作りたいという人はチェックしてみましょう。
今まで興味がなかった人も見てみることで興味がわくものです。

そしてデートに使う鞄なら、その日の服のコーディネートによっていろんなカラーを選んだり、チープなもので楽しんでもいいでしょう。
でも毎日の通勤・通学用に利用する鞄なら長く愛用できるように丈夫で飽きないカラーのものを選びたいですよね。インターネットで鞄を選ぶときは、実際に手にして質感や素材をチェックすることができないので心配する人も多いでしょうが、手作りのものであればお値段も高めですが、それだけ品がいいということも多いので良いでしょう。

動きは恐怖だけどやらないとやばいらしい

自分は個人的に特別筋肉質になりたいわけでもないですし、細くなりたいということもありません。普通に健康的でいたいだけです。筋肉質になりたい奴や、痩せてルックスを良くしたい奴はスポーツに積極的になるかもしれませんが、私のように単にちょっと健康的でいたいだけの奴にはスポーツは心配に感じることも多いでしょう。実際やりだせば気持ちよかったり決めるが、するまでが腰が重たいということがあるのです。
実際たった今そんな感じで、スポーツをある程度存続はしているのですが、心配にはなってきています。筋トレが中心で筋肉はついてきているのですが、はっきり言って飽きています。最初は筋肉がよく付くので面白かったのですが、慣れてくるとそれほど筋肥大もしませんし、特に他にやることがあると心配に感じます。
このまま辞めようかと練り上げる日も多いのですが、しきたり化しなければ将来的な健康に差が出るというので、なんとかやっています。最終的な意図は単に健康でいたいだけなので、スポーツ強弱なども手抜きです。逆立ちで腕立て伏せをしたりしています。一般的にそれなりに強弱の高いスポーツに思うかもしれませんが、胸中が対してなくても案外継続していれば筋肉が付いてくるものです。

音楽をするとき。音を楽しむとき。

私は音楽を演奏する人間です。もちろん、仕事としてでは無く、趣味として、ですが、時にはお金をもらって演奏することもあります。ただ、プロとして、それで生計を立てていこう、というほどには音楽を追究しているわけではありません。とはいっても、やはり人からお金をもらうだけ、練習はして、人に見せられるものとして成立させなければならない、と思って、練習します。

そんなとき、一つ気をつけていることがあります。それは、「音楽」をしているのだ、という意識を忘れないことです。誰かと話したとき、その人は音楽で苦しんでいました。技術が伴わないから、練習が嫌だから、といろいろな話をしたのですが、その人の根本には、音を楽しんでいない、ということがありました。音楽の中にある魅力を、忘れているんじゃ無いか、ということを、私は思ってしまったわけです。私はその人との話の中で、音楽で一番大切なことは、自らが音を楽しむ、ということにあるのだと言うことに気がつきました。その音楽の中にある楽しさはどこなのか、どうすれば楽しくできるのか。

決して楽をしてするのでは無く、その楽しさを追求していく。それこそが、良い音楽を演奏するために必要不可欠なものだと、気づいたのです。だから私は今日も、音の波の中、楽しくたゆたいたいと、そう思っています。

人気者になるということは大変ですね

YouTuberのはじめしゃちょーがストーカー被害をうけた件について。

ネットニュースで話題に上がっていたので

気になってついつい調べてみました。

みなさんのなかでは、はじめしゃちょ―という方は一般的な人だったんでしょうか。

恥ずかしながら、私は今回のニュースで初めて知ることとなりました。

確かに、ストーカーされてもおかしくない可愛い顔の男性でした。

実際にYouTuberとしてはとても人気で、アクセス回数もとても多かったです。

私も始めてはじめしゃちょ―の動画というものを見てみました。

対象年齢は小・中学生だと思われますが、大げさなリアクションを強調する動画が多くみられました。

実験系動画ともしょうされているように、昔ニコニコ動画で行われていた「おどってみた」に近いものを感じました。

普段の生活で、私たちがやってみたいと思うが実際は出来ないこと。

私たちには想像することすらできないことで、はじめしゃちょ―が考えたこと。

などを実際に行っていました。

パソコンをてんぷらにしたことはありますか?

タバスコ風呂に入ったことがありますか?

大人が出来ないことをはじめしゃちょ―が挑戦するという構図が人気につながっているんだと思います。

今後もおかしな、変わった動画に挑戦していっていただきたいですね。