花見を通じてもいいが、きをつけてほしいな感じたタイミング。

ざっとネットで、調べたかぎりでは、礼儀の悪さなどが目立っているなと感じた。酒に酔いすぎて認識がつかなくなってきているのが原因ではないだろうか。また、桜の下で、バーベキューをしているビデオをTVで見たりやる。綺麗な桜がいつまでも見たいというのなら、そんな悪賢い礼儀などをやめてほしいという。

ひとそれぞれの心待ちかたがあるというが、少なくとも守ってほしい定説ぐらいは続けるべきだと俺は想う。

また、外人に入ってきて、桜を楽しむのは、良いのだが桜を折ったりといったことが行われていることが心残り気がする。せっかく綺麗な花が咲いても、その下で楽しむ人柄が礼儀や定説を続けるべきだと俺は想う。
そうでないと、桜もいつか咲かなくなるお日様だってあるかもしれません。そうならないようにするために定説や礼儀を守った楽しみ方をしっかり浸透させる必要があるのではないでしょうか。

そのことを一度企てる不可欠はあると思います。桜は痛くても、中頃が腐っていたとしても何も言えません。だからこそ我々人間のほうが気をつけるべきではないでしょうか。

日本の桜が本当に自慢だというのなら、「桜と人類との係わり皆さん」をもう一度振り返ることはとても肝だと思いませんか。